製品紹介
最高の技術とサービスで生活を豊かに変えていくハイテク素材を作成します。

樹脂ケミカル

独歩的な一貫生産体制の構築で
スーパーエンジニアリング
プラスチックのトレンドを
リードします

東レ尖端素材は、世界で初めて原料から重合、コンパウンドにいたる一貫生産体制を構築し、耐熱性と耐薬品性、機械的強度、難燃性などが優れ、熱可塑性を持つ「スーパーエンジニアリング·プラスチック」製品であるポリフェニレン·スルファイド(Polyphenylene Sulfide,PPS)樹脂およびコンパウンドを供給しています。 そのため、2015年群山のセマングム産業団地内に215,000平方メートル規模の敷地を造成し、関連工場施設を完工しました。 現在、年内生産PPS樹脂8,600tとPPSコンパウンド3,300tを供給して輸入代替効果をあげており、海外輸出活性化を通じて、国内関連産業の同伴成長を率いております。 今後、年内生産万t規模の設備を増設し、PPSの供給の中核拠点に成長していくつもりです。

特性

  1. 電気特性
  2. 耐化学性
  3. 耐熱性
  4. 難燃性

用途

  1. 自動車用

    電装部品、エンジン部品、機械部品、エコ部品

  2. 電気電子用

    電子部品、電気部品

  3. 産業用

    ATM器具部品,産業用遮断器部品,化学プラント用部品,半導体工程用部品など

  4. 水循環系

    ポンプ部品, ボイラー, 温水器部品, 水道分配器部品