広報センター
常のお客様の暮らしに寄り添ってきた東レ尖端素材良いお知らせ、心温まる話でより近づきます。

ニュース

合わせて 50件のニュース/お知らせがあります。

2020年仕事始め式、「力量強化で超一流企業として成長する一年に」

2020年仕事始め式、「力量強化で超一流企業として成長する一年に」

東レ尖端素材は2020年を迎え、1月2日亀尾事業場・3日ソウルで仕事始め式を開き、希望に満ちた新しい一年のスタートを切った。 役職員ら同士の新年あいさつに続き、全海尚社長は新年挨拶にて、ビジョン2030の元年となる今年を、新しい跳躍のための力量強化を通じて超一流企業として成長する年と宣布した。 全社長は今年のグローバル及び韓国経済は様々なリスクが展開される急変の時期であろうと見通しながら、それに対応するために、役職員みんなが庚子年の白ねずみのような賢さと素早さで邁進し、新しい跳躍の始まりとなる素晴らしい2020年を作り上げていこうと嘱した。 新年挨拶に続いて李泳官会長は、小さな考えが行動から性格・習慣を変化させ、ひいては運命を決定すると言いながら、事ごとに積極的かつポジティブに考え、共に韓国の未来目標に向けて努めていくことを頼んだ。また、片岡副会長は目まぐるしく変化する社会に能動的な姿勢を持つ必要性を、任喜奭代表はビックデータ基盤の4次革命と気候環境問題に技術・経営的に対応することを強調した。 全役職員らはお互いに挨拶を交わしながら力強く抱負を叫び、2020年は会社と役職員みんなが共に成長し、意味深い結果を出せる幸せな一年になることを祈った。

ニュース
第16回愛のサンタボランティアを実施、温かい愛の分かち合い

第16回愛のサンタボランティアを実施、温かい愛の分かち合い

亀尾事業場では23日、クリスマスを迎えて役職員約30名がサンタに変身し、亀尾地域の児童40名に温かい愛を伝えた。 亀尾YMCAが主管・東レ尖端素材が支援する今回のボランティア活動は、生活が厳しい家庭の子供たちが地域社会の関心と愛の中で楽しくて暖かいクリスマスを迎えられるために実施された。 今回で16回目を迎えた行事のため、役職員らはサンタボランティアとしての役割と姿勢、サンタのものまねや挨拶などの技術訓練をして疎外階層の子供たちに直接訪問した。楽しいダンスと歌で素敵な時間を過ごし、愛を込めたプレゼントと希望メッセージを伝え、分かち合うことの美しさを見せてくれた。 このイベントに参加した役職員らは「子供たちが喜ぶ姿を見ると、とても胸がいっぱいになり、やりがいを感じた。これからも分かち合いの実践に努めていきたい」との所感を伝えた。

ニュース
亀尾4工場『2019健康な職場(Navi)』認証、「役職員の健康と安全を最優先に」

亀尾4工場『2019健康な職場(Navi)』認証、「役職員の健康と安全を最優先に」

亀尾4工場が亀尾市が主管する「2019 健康な職場(Navi)」に選定され、12日、亀尾支庁国際通商協力室で認証牌を受けた。 東レ尖端素材は安全保健経営システム認証を受けた製造企業として、勤労者の健康と安全のために物理的な作業環境と個人健康の支援領域をすべて充足している事業場であることが認められ、健康な職場に認証された。 特に、保健所と連携して進める「禁煙クリニック、歩きプログラムワークオン(Walk on)、自己血管の数を知るキャンペーン」など、役職員の健康増進活動を主導的に先導してきたことが高く評価された。 この日、授賞式に参加した環境安全チームの秦亨植チーム長は今回の認証をきっかけに役職員の健康管理に向けたプログラム及び健康生活の実践キャンペーンなどをより活発に続けていく方針であると述べた。 一方、東レ尖端素材は過去、亀尾1・3・4工場が健康な職場(Navi)と認証されており、4工場は2016年に新規認証を受け、今年再認証された。

ニュース
群山工場、全羅北道禁煙先導企業に指定及び業務協約の締結

群山工場、全羅北道禁煙先導企業に指定及び業務協約の締結

群山工場が全羅北道禁煙先導企業に選定され、12日に扁額式と業務協約式が開かれた。 リ・ヒョソプ工場長及び全北禁煙支援センターのオ・ギョンジェセンター長など8名が参加した中開かれた今回の行事では、全北禁煙支援センターの2019年禁煙事業実績と成果を共有し、業務協約締結を進め、両機関における相互発展と健康のための有機的な協力体系を構築した。 特に、群山工場は喫煙者の50%以上が1年以上キャンペーンに継続的に参加、参加者の25%が禁煙に成功しており、機関内の禁煙雰囲気造成に向けた経営側の積極的な努力と感心が認められて今年の全北禁煙先導企業に選定された。 この日、リ・ヒョソプ工場長はこれから禁煙事業の遂行機関と協力して役職員はもちろん、全北道民の喫煙率を下げて、地域社会の健康増進に寄与したいとの意志を明らかにした。 一方、全北禁煙事業は300人未満の小規模事業場を対象に、直接訪問する禁煙支援サービスを提供するなど、地域社会の喫煙率減少及び健康水準の向上を目的に実施されている。

ニュース
123456789