広報センター
常のお客様の暮らしに寄り添ってきた東レ尖端素材良いお知らせ、心温まる話でより近づきます。

ニュース

合わせて 98件のニュース/お知らせがあります。

姉妹結縁部隊に発展義援金及びマスク3万枚を渡し、国家安保献身に感謝を伝え

姉妹結縁部隊に発展義援金及びマスク3万枚を渡し、国家安保献身に感謝を伝え

東レ尖端素材が姉妹結縁部隊である陸軍第5砲兵旅団(旅団長、ヤン・ギヨル准将)に発展義援金とLIVSENマスク3万枚を渡した。全海尚社長は「いつも国家安保に献身する将兵らの労苦に感謝する」と伝え、「発展義援金とマスクが将兵らの福祉向上と安全に役立つことを願う」と話した。また、新型コロナウイルス感染症のパンデミック状況の中で、国防の義務を強く固めていることについて、東レ尖端素材も一緒に安定した経営活動で経済発展に寄与する」と伝えた。今回、寄付した発展義援金とマスクはソーシャルディスタンスに同参し、非対面で行われた。 一方、東レ尖端素材は2012年に部隊との結縁以後、毎年お手本下士官の招待行事、役職員の子ども兵営体験、発展義援金渡しなど様々な活動を続けている。

ニュース
東レ尖端素材、慶尚北道へ1000万ウォン寄付、隣人愛の幸せ分かち合いを実践

東レ尖端素材、慶尚北道へ1000万ウォン寄付、隣人愛の幸せ分かち合いを実践

東レ尖端素材が慶尚北道へ民生気生かしの一環として行われている「汎道民の隣人愛幸せ分かち合い」キャンペーンに同参し、1000万ウォンを寄付した。李泳官会長は「新型コロナウイルス感染症で苦しい状況に置かれている道民たちと地域社会に小さな慰めになることを願う」とし、地域の困難と問題解決に積極的に責任を果たすと話した。イ・チョルウ道知事は「東レ尖端素材は地域に多くの投資と働き口を作り、地域社会を助けるために率先してきた企業である。この度、キャンペーンに同参したことに感謝している」とし、「寄付金を民生を助け、低所得危機階層のために大事に使う」と伝えた。

ニュース
李泳官会長、「児童交通安全リレーチャレンジ」に同参

李泳官会長、「児童交通安全リレーチャレンジ」に同参

李泳官会長がスクールゾーン内の交通安全実践文化定着のための「児童交通安全リレーチャレンジ」に同参した。李会長は「子どもの安全を最優先する成熟な交通安全文化が定着することを願う」とし、「子どもが安全な環境で元気に育つように引き続き関心を持っていきたい」と伝えた。李会長は次の参加者として亀尾市のキム・ヨンシク国会議員、チャン・セヨン亀尾市長、ゴルフゾーンニューディングループのキム・ヨンチャンなど3人を推薦し、ファッショングループヒョンジのチェ・ビョンオ会長に目されて参加した。去年の12月から始まったチャレンジは、児童交通安全に対する社会的関心を高め、国民の共感帯を形成するためのキャンペーンで、リレー方式で行われている。

ニュース
東レ尖端素材の亀尾第1工場の固相重合タワー照明景観点灯、新しいランドマークとして浮上

東レ尖端素材の亀尾第1工場の固相重合タワー照明景観点灯、新しいランドマークとして浮上

東レ尖端素材の亀尾第1工場の固相重合タワー照明景観点灯式が3月2日に行われ、毎晩多彩なコンテンツを披露する。今回の照明景観は、亀尾市の持続的な成長と都市ブランドを強化するイメージ改善のためのもので、東レ尖端素材が代表として参加した。東レ尖端素材の全尚海社長をはじめ亀尾市長、国会議員及び市議員など50名が参加した点灯式では、経過報告から初めた歓迎の辞及び祝辞、点灯式順に行われた。全社長は歓迎の辞で、固相重合タワーの夜間景観は新しいランドマークとなって亀尾市の品格を高めて空間の多様性を見事に演出させることで、多くの国民に亀尾市について広め、尖端産業都市のイメージを角印させる「新成長を向けた希望の光」になることを強調した。

ニュース
12345678910