広報センター
常のお客様の暮らしに寄り添ってきた東レ尖端素材良いお知らせ、心温まる話でより近づきます。

ニュース

合わせて 79件のニュース/お知らせがあります。

東レ先端素材、姉妹部隊に飛沫遮断マスクを2万枚寄贈

東レ先端素材、姉妹部隊に飛沫遮断マスクを2万枚寄贈

東レの先端素材は姉妹部隊である陸軍第5砲兵旅団(旅団長·金ナムフン准将)に飛沫遮断マスク2万枚を送った。 全海尚社長は「いつも国家安保に献身する将兵の労苦に感謝する」と述べ、「マスクが暑い夏の将兵らのコロナ感染予防と士気向上に少しでも役立つことを期待する」と述べた。 また「姉妹部隊が国土防衛の最前線で任務を果たすだけに東レ先端素材も技術力革新で関連産業と経済発展に最善を尽くしていきたい」と伝えた。 今回のマスク寄贈は将兵の安全のため、直接訪問せずに渡す方式で行われ、2012年に締結されて以来、東レ先端素材は模範副士官招請行事、役職員の子供の兵営体験、発展基金伝達など、毎年様々な交流活動が続けられている。 一方、東レ先端素材はこれまで国内マスク不足事態を解決するために必須素材であるMBフィルターを迅速に供給したのに続き、2重マスクが可能な静電SMS不織布を開発し、需給安定化に寄与してきた。 また、最近では軽くて通気性の良い飛沫遮断用の不織布を開発·供給することで、核心素材の開発として国民の安全のために貢献しているという評価を受けている。

ニュース
東レ先端素材、江西区にマスク衛生キット300セット寄付

東レ先端素材、江西区にマスク衛生キット300セット寄付

東レ尖端素材は新型コロナウィルス予防のために必要な衛生用品の購買が困難な人々のために「愛の衛生キット寄付」300セットを7月14日、江西区庁の生活福祉局へ伝達した。 「愛の衛生キット」は飛沫遮断マスクと消毒剤が入っており、プライベート衛生用品として使いやすく構成された。東レ尖端素材の全海尚社長は「新型コロナウィルスで苦しんでいる地域社に少しでも力になりたい。これからも力量を発揮し、社会が必要とする素材供給のために持続的に努力していく」と述べた。 東レ先端素材はマスクの必須素材であるMBフィルターの大量供給とともに、従来の3層構造から脱皮し、表地·フィルター·裏地が一つに複合化して2層に製作できる停電SMS不織布量産体制を整え、マスク需給安定化に寄与した。 さらに、1層構造の製作が可能な飛沫遮断マスク用フィルター不織布も相次ぎ開発し、夏でも便利にマスクを使用できるよう、国民の衛生のために素材供給に寄与していると評価されている。

ニュース
全海尚社長、役職員と「おかげ様でチャレンジ」に参加、「医療関係者の皆さんに感謝を」

全海尚社長、役職員と「おかげ様でチャレンジ」に参加、「医療関係者の皆さんに感謝を」

全海尚社長が新型コロナウィルスの克服に努めている医療関係者に尊敬と感謝の意を伝える「おかげ様でチャレンジ」に役職員と一緒に同参した。 全社長は「新型コロナウィルスによる危機の中、我々が安全に生活できるのは防疫の最前線で献身している医療関係者の方々の犠牲と努力のおかげである。役職員皆が心から感謝を伝えたい。我が社も国民の安全のためにマスク用素材の供給に引き続き最善を尽くす」と述べた。 全社長はチョン・チョルドンLG Innotek社長の呼名で参加し、次の参加者としてリ・ワンジェSKC社長、ラ・インホDONGWOOファインケム社長、パク・ジョンハンWelkeeps社長を呼名した。 東レ尖端素材はこれまでマスク不足状況を解決するために、必須素材であるMBフィルターを迅速に供給し、2重マスクが可能な静電SMS不織布を開発、需給安定化に寄与しており、最近では軽くて通気性の良い飛沫遮断用(AD)不織布を開発、マスクの円滑な供給のために継続的に取り組んでいる。 一方、「おかげ様でチャレンジ」は去る4月、中央在何安全対策本部から新型コロナウィルスの治療と拡散防止に努めている医療関係者を励むためにスタートした応援キャンペーンで、次のキャンペーン参加者3名を呼名するリレー方式で進められている。

ニュース
2020慶尚北道品質分任組大会で中堅企業部門大賞、不織布工程改善を通じて品質競争力を向上

2020慶尚北道品質分任組大会で中堅企業部門大賞、不織布工程改善を通じて品質競争力を向上

24日、慶州ザ・ケイホテルで開催された「2020年慶尚北道品質分任組大会」にて東レ尖端素材のイルシム分任組が中堅企業部門で大賞を受賞、経営革新チームのチャン・ジンホ責任が現場革新及び品質経営活性化に寄与した功労で産業通商資源部長官から表彰された。 慶尚北道が主催し、韓国標準協会の大邱慶北地域本部が主管した今回の大会は、企業の自主的な品質革新と現場改善などの優秀改善事例を発表する大会で、今年は13社から19組の分任組が現場改善、事務間接など8部門に参加した。 東レ尖端素材のイルシム分任組は「不織布加工工程の改善による不適合品率を減少」というテーマで現場改善部門に参加した。これは、韓国内事業場における生産製品の工程別品質実績現況調査の中で、加工工程での不適合品の発生率が高いことから着眼した課題で、異物改善活動と冷却方式の改善を通じて不適合品率の改善に大きく寄与したことが評価された。 受賞の栄光に浴した分任組員らは共に務めた同僚や物心両面から支援してくれた会社に感謝の意を表し、今回の大会を通じて得たノウハウを積極的に活用し、現場改善のために努力し続けるとの覚悟を述べた。 一方、今回の大会は新型コロナウィルスの拡散防止のため、無観客・オンライン中継で進められた。また、大賞と最優秀賞を受賞した13組の分任組は、今年8月に大邱EXCOで開かれる第46回全国品質分任組大会に慶尚北道代表として参加する予定だ。

ニュース
12345678910