持続可能経営
調和と協力を大切にし
透明性のある、信頼できる企業になります。

倫理経営

透明かつ公正な倫理経営により
信頼される一流企業に
成長します。

東レ尖端素材は企業の社会的責任を果たすため、全ての経営活動を透明かつ公正に行っています。そのため倫理規定と実行指針を設け運営しており、各種補完制度と定期的な教育を通じ具体的に実行する倫理経営を目指し努力しています。また内部および外部通報者につき不利益なく保護できるシステムを 構築しており、顧客と会社の主な情報を保護するための情報保護規定を整えています。

倫理規定

倫理規定

透明かつ公正で合理的な業務遂行により経営を脅かす要素を減らしていきます。
  全ての構成員を尊重し、企業の社会的責任を果たすよう企業倫理と法令遵守規定を制定しました。

  1. 顧客のため
  2. 社員のため
  3. 株主のため
  4. 社会のため

倫理実行指針

倫理実行指針

業務を行う際、全ての従業員が倫理的に意思決定し振る舞うよう、倫理実行指針を定め実行を徹底しています。

  1. 金品関連基準
  2. 供応および接待の   関連基準
  3. 不当行為処罰基準
  4. セクハラ処罰基準

内部通報者の保護および褒賞規定

内部通報者の保護および褒賞規定

みどり通報システムの運営により社内外で発生する非倫理的で不当な行為に対する通報を受け、正当な通報については褒賞する ことで健全な倫理文化が定着できるように努力しています。また倫理委員会は全ての通報を徹底的に調査し、それに見合う措置とフィードバックを施行し不健全な行為を撲滅するように最善を尽くしています。

  1. 社内外の「みどり通報」システムの運営
  2. 倫理委員会を通じた措置およびフィードバック

情報保護規定

情報保護規定

顧客の主な情報はもちろん経営情報、技術情報など会社の知的財産権を保護するため、情報保護に関する詳細な規定を設け常時 教育を行っています。

  1. 個人情報保護規定の強化
  2. 情報保護誓約および教育